乾燥肌対策には洗面器

乾燥肌対策には洗面器

私が行っている乾燥肌対策は、ずばり洗面器にしばらく顔をつけておくことです。

 

インターネットで検索しても他にやっている人をあまり見かけないので、変わった方法なのかもしれませんが、これが結構効果があります。

 

乾燥肌 対策 http://www.beautyline111.com/

 

やり方はそのまま簡単で、洗面器にぬるめのお湯を張って適度に息継ぎをしながら数分ほど顔をつけるだけです。

 

 

 

そもそもなぜこういう事をやろうと思いついたかと言うと、お風呂に入っている時にふと「そういえば首から下は湯船に浸かってるけど顔は出たままだなあ」と思ったからです。

 

特に私は全体的に乾燥肌というよりは顔だけが乾燥するタイプだったので、もしかして?とピンと来たのです。

 

鼻の角栓が気になる時はお湯につけながらゆっくりマッサージをするとかなり詰まりが解消された感じがするので一石二鳥です。

 

 

 

外側からの水分補給という意味ではかなり効果的なのではないでしょうか。

 

パックをすればもっと効率的・効果的なのかもしれませんが、これなら毎日出来てしかも安上がりなのでおすすめです。

 

 

 

外側からの水分補給も大事ですが、内側からの水分補給も乾燥肌対策には大事です。

 

冬などは汗をかかないので水分補給を怠りがちですが、こまめに水を飲むようにしています。

乾燥肌の苦労

 

肌には色々なタイプがあり、人によって悩みは違いますが、私は乾燥肌なので、色々と気に掛けなければいけないことが多いです。

 

乾燥肌といっても普段の生活に何も支障は無いのですが、服の材質が合わないと肌がかぶれることがありますし、何より大変な事は、化粧品選びで、新品の化粧品を試したいと思っても、肌に合わない事が多く、合わない化粧品を使うと吹き出物ができたり、痒みが出るので、選ぶのも一苦労です。

 

今は乾燥肌用の化粧品が多く発売されていますが、乾燥肌用といっても全てが肌に合うというわけではありませんし、個人的に買いたいなと思っているオシャレな基礎化粧品には乾燥肌用が無い事も多いので、もっと、乾燥肌用の化粧品を増やして欲しいと思います。

 

基礎化粧品だけではなく、メイク用品も下手な物を選べないので、ネットでリサーチして購入しなければいけないですし、肌の調子は色々と変わるので、前日まで肌に合っていた化粧品が、翌日には合わなくなっていた、というのも良くある話です。

 

乾燥肌は冬になると、色々と大変ではありますが、肌質をかえることは難しいので、今後も乾燥肌と付き合っていき、吹き出物ができないよう気をつけていきたいと思います。

私の乾燥肌ケア

 

私は乾燥肌で、保湿ケアをかかさずにケアをしてきましたがなかなか改善は難しかったです。

 

でも新婚旅行で行ったオーストラリアで出会ったホホバオイルとプラセンタ入りクリームで

 

今はとっても肌が落ち着いています。ホホバオイルは赤ちゃんやアトピーの人も使える体にとても優しいオイルで

 

万能オイルです。オイルなのでベタベタしたら嫌だなと思っていましたが、肌への浸透力が高いのですぐに肌に馴染みます。

 

私は顔だけでなく、足が特に乾燥してカサカサなのでお風呂上がりにすぐにオイルを塗布しています。

 

顔には化粧水にオイルを混ぜてパッティングするととても肌が柔らかくなります。

 

冬にここでさらにクリームを塗ります。クリームも色々保湿クリームを使ってきましたが、愛用中なのがプラセンタ入り

 

クリームでこちらもべたつきがないので気に入ってオイルと一緒に使っています。

 

クリームにオイルを混ぜて使うのも◎だと教えてもらいました。

 

この2種類を使って、皮がめくれることがなくなりました。

 

前はちょっと掻いたりするとすぐにポロポロと皮が落ちたりするほど乾燥していた私の肌。

 

乾燥肌が改善されたせいか肌にハリも蘇ってきて、嬉しいです。

 

髪や頭皮ケアにも使えるので頭皮が乾燥した時にも使ってみたいと思っています。

乾燥肌の悩み

 

私は乾燥肌なのですが、油肌の人からはよく羨ましいと言われます。

 

油肌には油肌の苦労があるのだと思いますが、一見綺麗に見える乾燥肌にも苦労はあるのです。

 

まず見た目ですが、油肌のようなオイリーさは無いものの、粉が吹いているような感じになってしまうのです。

 

酷い時などは、日焼けして皮が剥けた時のような感じになってしまうのです。

 

また、突っ張った感じも結構不快なものです。

 

そして、私の場合一番これが辛いのですが、痒みです。

 

顔はまだマシですが、肘や膝、背中や胸などに強い痒みが出るのです。

 

痒みで寝られない時もありますし、寝ている時に無意識に掻きむしってしまう時もあります。

 

季節的に言うと、やはり冬場が大変です。

 

秋口から乾燥が強くなってきて、ピークの冬場が終わって、初夏の頃にようやく楽になると言った感じです。

 

もちろん、保湿クリームは欠かせません。

 

でも、しっかり保湿しても多少マシかなと言う程度で、実にやっかいなものなのです。

 

しかし、保湿クリームも年々進化しているようで、例えば10年前と比べると、症状は改善してきている感じがします。

 

もっと効果があって、しかもお肌に優しい保湿剤の開発を、メーカーさんに期待したいと思います。

日常の習慣も乾燥の原因になっています

 

乾燥肌にも先天的なものと後天的なものがあります。

 

先天的なものとは、親から受け継いだ遺伝子が原因しています。

 

この場合、子供の頃から乾燥に悩んでおり、中には皮膚科で薬をもらっている場合もあります。

 

しかし多くの乾燥肌で悩む方は、後天的なもので、日常の習慣により乾燥が進んでいます。

 

若い頃は乾燥が気にならなかったのに、とか冬だけ乾燥が気になるとゆうのは、後天的な乾燥肌です。

 

この場合、保湿も大切ですが、日常の習慣を見直すだけでも効果が現れると思います。

 

・温度の高すぎるお湯で入浴、洗顔する

 

・メイク落としにオイルクレンジングを使っている

 

・液体やクリームの洗顔、ボディソープを使っている

 

・下着やナイトウエアが綿以外の素材のものである

 

・日焼け止めを塗らない

 

こんな簡単な事でも乾燥の原因になっています。

 

特に液体やクリーム状の洗顔料やボディーシャンプーを使っている人は多いのではないでしょうか?

 

これらには添加物や強力な界面活性剤などが含まれています。乾燥の原因になりますので固形石鹸を使う事をお勧めします。

 

またシャンプーにも同じ事が言えます。

 

頭皮の乾燥が気になる方には石鹸シャンプーやアミノ酸系のシャンプーを使う事をお勧めします。

 

また、ダイエットなどで偏食している、ストレスも乾燥の原因になります。

 

まずは、こういった日常の習慣を見直し、それでも乾燥が続く場合には保湿化粧品などを上手く使って乾燥を防ぎましょう。